転職しようか迷うならさっさと転職しよう

生きていく上で楽しいことばかりではなく、嫌な思いや辛いこともあると思います。できることなら楽しいことだけに気を向けて、不愉快なことはさっさと片付けた方がストレスなく過ごせます。仕事での悩みがある場合、どうしても真面目な人は自分が頑張ればいいとか我慢してしまう傾向があります。転職を思いきってしようか、でも失敗したら困る、それだったら今のままで我慢して働こう・・・・という感じの人が多いのかもしれません。

 

かつての私もそうでした。
大体仕事内容は半年もすれば一通り覚えるもの、ですが人間関係というのはだんだん悪くなっていくものだったりするのです。いい人であればあるほど、意地悪な人ずるい人からつけ込まれがち。ある時からしなくていい我慢はしないと決めました。

 

転職だって何回しようと個人の自由です。転職を繰り返してお金持ちになる人もいれば、一つのところで我慢して心身の健康を損ねた人もいます。悩む時間があったら、行動します。転職して失敗したらまた転職すればいい、ここにいるより悪くなるか良くなるかそれは行動してみないと誰にもわからない、そう思って勇気を持つことも必要だと思います。

 

転職の難しさ

転職は難しいといわれますが、その理由も様々です。まず、新卒採用が圧倒的に多い日本において、新卒と比較すれば非常に求人数も少なくチャンスも少ないということが言えます。

 

そもそも日本では終身雇用が基本にあった雇用形態なので一時期少しだけあったバブルの頃の転職ブーム以外は、それほ転職というのは積極的にやろうとする風潮でない状態です。

 

景気が悪くなって以降も益々、転職市場は買い手市場となり、売り手となる求職者はなかなか難しいと感じる状態が続いています。年功序列というシステムも年齢が高い人が就職しにくい状況を生んでいます。年齢が高いと必然的に給与を上げないといけないという状態では転職において採用する企業はどうしても簡単に採用するわけにはいかないという状態です。また、採用と求職とのミスマッチという問題も転職の難しさの理由でもあります。

 

企業はよりピンポイントの職種など求めるポストにぴったりの人材を求めますが、そもそもその会社に勤めていない限りはそのような人材は希少で、ある程度の幅を持たせないと応募者の中から選ぶのは難しいということがわかっていないように思います。わかっていないというよりも人材を育てられないので即戦力という言葉も当たり前のように転職市場では求められそれらがまた転職の難しさの原因にもなっています。